最近のトラックバック

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

★ 動物園の廃墟(北海道野生動物公園)(その28)(③/③)

約30年前に廃園となった「北海道野生動物公園」(別名:白熊牧場)の
廃墟を探索して来ました。苫小牧市内の山の上にあります。
ここへ行くと、僕は廃墟マニアと化してしまいます^^;
第28弾-3です。

Todayphoto4989
アカゲラがけたたましく鳴いているすぐ近くに、巣を発見しました。
ヒナが顔を出していました。
これは間違いなく親ではありません。
頭の天辺が赤いのがヒナの証です。


Todayphoto4990
ここまで成長しているということは、もう巣立ち間近なのでしょう。
次に来た時はおそらくもうここにはいないと思います。
最初で最後のご対面です^^


Todayphoto4991
次にやって来たのはシロクマ舎跡です。
ここに来る回数はめっきり減りました。




Todayphoto4992
建物が壊されて以降、ここに来ても何も無いのです^^;
色々と冒険のし甲斐のある建物だったのですが・・・


Todayphoto4993
いつも、こういう景色を見て終わりになってしまいます。


Todayphoto4994
雨が上がり、夕日が出て来ました。
カエルが鳴くから帰ります^^

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ 動物園の廃墟(北海道野生動物公園)(その28)(②/③)

約30年前に廃園となった「北海道野生動物公園」(別名:白熊牧場)の
廃墟を探索して来ました。苫小牧市内の山の上にあります。
ここへ行くと、僕は廃墟マニアと化してしまいます^^;
第28弾-2です。

Todayphoto4983
ハクセキレイです。
こいつはなぜかここがお気に入りらしく、廃墟の中でよく見る奴です。
いつも会っているのに、全く馴れてくれません^^;
メスと一緒にいるところを1度も見たことがありません。
なぜここに居続けるんだろう?


Todayphoto4984
コウライキジがいました。
こいつもこの辺でよく見る奴です。
こいつの場合は、かなり近くまで寄らない限りは逃げては行きません。


Todayphoto4985
雨が降って来てしまいました・・・
この水溜りの中に、かなりの数のオタマジャクシがいます。
雨が降らないと数日で枯れてしまうので、結構な数を救出しました。
しかし、とても全ては無理です。


Todayphoto4986
ミヤマカケスです。
ミヤマカケスは留鳥なのですが、なぜか暖かくなるとあまり見られなくなります。
秋から冬にかけてよく見られるようになるのです。
なぜだろう? たまたまか?^^;


Todayphoto4987
次はアカゲラがやって来ました。
この日はよく鳥と出会います。
この廃墟は心霊スポットとして地元では有名なのですが、
本当に怖い場所なら、こんなに鳥はやって来ないでしょう。
キツネ、タヌキ、エゾシカ等もやって来ます。


Todayphoto4988
けたたましく鳴いていました。 巣が近くにあるのでしょう。
そして間もなく、巣を発見することになるのです。

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ 動物園の廃墟(北海道野生動物公園)(その28)(①/③)

約30年前に廃園となった「北海道野生動物公園」(別名:白熊牧場)の
廃墟を探索して来ました。苫小牧市内の山の上にあります。
ここへ行くと、僕は廃墟マニアと化してしまいます^^;
第28弾-1です。

Todayphoto4977
廃墟へとやって来ました。
ここへはいつも自転車で来るのですが、山の上にあるので来るのは大変です^^;


Todayphoto4978
オオジシギがお出迎えしてくれました。
いつも思うのですが、これだけクチバシが長いと、不自由そうに見えてしまう・・・


Todayphoto4979
いつも真っ先にここへ来ます。
この中には、春先に救出したカエルの卵を入れました。


Todayphoto4980
順調に育っています^^


Todayphoto4981
アメンボが交尾してました。
どうやらアメンボはオスの方が小さいようです。


Todayphoto4982
近くに綺麗な花が咲いていました。

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ 錦大沼(にしきおおぬま)編(③/③)

苫小牧市内の「錦大沼(にしきおおぬま)」へ行って来ました。
今回は錦大沼公園の中の「樹木園」という所へ行って来ました。

Todayphoto4970
樹木園に藁葺屋根(わらぶきやね)の建物があります。
これは休憩所です。
このわらぶき屋根に・・・


Todayphoto4971
木が生えていました。
僕は藁葺屋根の事はよく分からないのですが、
これは特に珍しい事ではないのでしょうか?^^;


Todayphoto4972
バッタの赤ちゃんがいました。


Todayphoto4973
こっちにも別の種類のバッタの赤ちゃんです。


Todayphoto4974
これはフキバッタの赤ちゃんです。
今の時期はバッタの赤ちゃんがあちこちにいます。
大抵のバッタは冬を越さないので、今の時期は
生まれたばかりの体長1cm前後の赤ちゃんばかりです。
生涯でたった1度きりの夏を謳歌しようとしているのです。


Todayphoto4975
今が旬といえば、このハルゼミです。
北海道にいるのはエゾハルゼミ(蝦夷春蝉)です。
今の時期、晴れた日はうるさいくらいに鳴いています。


Todayphoto4976
土の中で7年間も過ごし、外に出て来て成虫になったら
10日前後しか生きられない儚い生き物です。
その10日間が雨ばかりだったら悲し過ぎますよね^^;

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ 錦大沼(にしきおおぬま)編(②/③)

苫小牧市内の「錦大沼(にしきおおぬま)」へ行って来ました。
今回は錦大沼公園の中の「樹木園」という所へ行って来ました。

Todayphoto4964
リンゴの花が咲いていました。
「あかね」という品種だそうです。
そういえば、最近リンゴ食べてないな~


Todayphoto4965
名前は分かりませんが、こんな綺麗な花も咲いていました。


Todayphoto4966
地面にほど近いところにスズラン(鈴蘭)が咲いていました。
スズランって今までよく見たことが無かったのですが、
こんなに可愛い花だったのですね^^


Todayphoto4967
スズランの花言葉は、「純潔」「純愛」「幸福の訪れ」「幸福の再来」。
ヨーロッパでは「聖母の涙」と呼ばれているそうです。
う~ん、なるほど・・・


Todayphoto4968
すぐ近くにスジグロシロチョウがやって来ました。
ほぼ日本全土に分布しているチョウです。


Todayphoto4969
モンシロチョウによく似ているので間違う人が多いですが、
モンシロチョウより一回りほど大きいです。
そういう僕も、昔は区別が付いていなく、スジグロシロチョウの存在すら知りませんでした^^;

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ 錦大沼(にしきおおぬま)編(①/③)

苫小牧市内の「錦大沼(にしきおおぬま)」へ行って来ました。
今回は錦大沼公園の中の「樹木園」という所へ行って来ました。

Todayphoto4958
ツツジが綺麗に咲いていました。


Todayphoto4959
ほぼ満開です。


Todayphoto4960
ツツジの花をまじまじと見たことが無かったのですが、
こんな花をしてたのですね~


Todayphoto4961
ミノムシが道路の上を這っていました。
僕は今までミノムシだと思っていたのですが、
ネットでミノムシについて調べてみたところ、
北海道にミノムシはいないと出てきました・・・
え?じゃあこれは何? 
僕が子供の頃から幾度となく見ているこれは何なのでしょうか?
今年だけでも結構な数見てます。


Todayphoto4962
中の虫が顔を出しました。
おそらく何らかの幼虫なのでしょうが、
これは本当にミノムシではないのでしょうか?
知っている人がいましたら、どうか教えて下さい^^;


Todayphoto4963
綺麗な昆虫がいました。
コガネ虫の仲間だと思います。

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ お散歩写真(その58)キタキツネの巣編(②/②)

僕の家の近所(山、川、海、公園等)で撮った「お散歩写真(その58-②)」、
以前に見つけたキタキツネの巣編の第3弾-2です。(第1弾は号外にて紹介)

Todayphoto4952
次の日、また巣へ行ったところ、突然出くわしました。
最初はいなかったので巣の周りをうろついていたところへ、
突然親子が帰って来たのです。
いきなりだったので少し近過ぎました。
これはマズイ・・・子供を守るために親が襲い掛かって来るかもしれない・・・
と、思っていたら・・・


Todayphoto4953
なんと、子供を残して、お母ちゃんが真っ先に逃げてしまいました・・・
お、お母ちゃん、それはないっしょ・・・ウソだと言って・・・^^;


Todayphoto4954
2日後、巣の様子が少し変わっていました。


Todayphoto4955
中を見てみると、少し土を入れた形跡があります。
横へ通じる穴が半分塞がっています。
そしてこれ以降、ここでキタキツネの親子を見ることは無くなりました。
今まで親子別々に暮らしていたので、一緒に暮らせる場所が見つかったか、作ったのかもしれません。
どこ行っちゃったのかな~


Todayphoto4956
この辺にはカラスが多いのが気になっています。
でも子供とはいっても、普通のネコより大きくなっている動物を襲うことなんてあるのかな~


Todayphoto4957
ちなみにこのカラスはハシブトガラスです。
山にいるカラスは大抵ハシブトガラスです。
街にいるのは大抵ハシボソガラスです。

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ お散歩写真(その58)キタキツネの巣編(①/②)

僕の家の近所(山、川、海、公園等)で撮った「お散歩写真(その58-①)」、
以前に見つけたキタキツネの巣編の第3弾-1です。(第1弾は号外にて紹介)

Todayphoto4946
またやって来ましたキタキツネの巣です^^
シーンとしているので、お出かけ中なのかもしれません。


Todayphoto4947
巣のすぐ側にこんなものが・・・
親ギツネが仕留めたのでしょう。
これは何の鳥かな~
結局この日、キツネ親子に出会うことはありませんでした。


Todayphoto4948
巣の近くで鳴いていたノビタキです。
メスです。


Todayphoto4949
今年も去年同様、ノビタキを見ることが少ないです。
2年前までは、この辺で結構な数のノビタキを見ることが出来たのですが・・・
急に少なくなりました。


Todayphoto4950
ヒヨドリもうるさく鳴いていました。
こいつはタフな鳥なので、そう簡単には減らないでしょう。


Todayphoto4951
ウグイスも鳴いていました。
こいつは綺麗に「ホーホケキョ!」と鳴いていました。
ウグイスは不思議と沢山います。

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ お散歩写真(その57・傷付いたハクチョウ編 ③/③)

僕の家の近所(山、川、海、公園等)で撮った「お散歩写真(その57-③)」です。
今回は苫小牧川の傷付いたハクチョウ編・第12弾の3回目となります。

Todayphoto4939
ハイイロガンと間違われるガチョウは、この白いガチョウと大の仲良し!


Todayphoto4940
しかし、見れば見るほどハイイロガンそっくりです。
僕は今までガチョウだということしか頭に無かったので気が付きませんでしたが、
言われてみればハイイロガンそっくり、というよりそのものです^^;
初めて見て、なおかつハイイロガンが日本では希少種だということが
分かっている人なら、それは驚くことでしょう。


Todayphoto4941
ハイイロガンモドキ君と仲良しのこのガチョウは、いつも僕の事をジッと見てきます。
他の人にもそうなのかどうかは、不明です^^;


Todayphoto4942
ハイイロガンモドキ君のおねだりです。
すぐ近くまで寄って来て、エサをおねだりします。


Todayphoto4943
「シャーッ!」とネコが怒ったような声を出すので、
馴れていないと恐いと思います。
その時の息が吹きかかるくらい近くまで寄って来るので尚更です。


Todayphoto4944
僕がエサをあげないものだから、すねてお尻を向けました。
僕はこのお尻が大好きです^^


Todayphoto4945
そんな様子を、メスのマガモが見守っていました。

動物写真のホームページ
動物図鑑

★ お散歩写真(その57・傷付いたハクチョウ編 ②/③)

僕の家の近所(山、川、海、公園等)で撮った「お散歩写真(その57-②)」です。
今回は苫小牧川の傷付いたハクチョウ編・第12弾の2回目となります。

Todayphoto4932
いつも1人でいる傷付いたハクチョウ君ですが・・・


Todayphoto4933
エサをくれる人にだけは寄って行きます。
エサをくれる人は何人もいるので、食いもんには事欠きません。
去年はエサをくれる人にも寄って行かなかったので心配していましたが、
もう安心です^^


Todayphoto4934
次の日、橋の下の暗い場所にいました。
ハクチョウにとっては、もう暑いのかもしれません。


Todayphoto4935
水に映った顔がキュートです。(笑)


Todayphoto4936
傷付いたハクチョウ君は決して1人ではありません。
少し離れた場所に、渡って行かなかった仲間が数羽います。
たまに一緒になることはありますが、すぐに別々になります。
傷付いたハクチョウ君は1人が好きなのです。


Todayphoto4937
次は、この場所の主(ヌシ)の3羽のガチョウの話題です。


Todayphoto4938
3羽のうちのこの1羽。
最近知った事なのですが、こいつがハイイロガンではないかという
通報が新聞社などに入るそうです。
ハイイロガンは渡り鳥ですが、日本にはごく稀にしかやって来ない希少種なのです。
そんな希少種が苫小牧川にいるという通報が来るそうなのです。
そう言われてみると、確かにハイイロガンそっくりです。
(ハイイロガン)↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%82%AC%E3%83%B3
まあ、元々ガチョウはハイイロガンを原種としているので
似ていても不思議はないのですが、
こいつは色までソックリです。
ここまで似ていると、これからも通報が相次ぐことでしょう^^;

次へ続く・・・

動物写真のホームページ
動物図鑑

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

相互リンク募集中!

ペット、動物関連の商品

  • ★ペット関連の商品
  • ★動物関連の商品

その他のペット、動物関連の商品